2016年10月21日

津幡方面へドライブ


気分転換をしたくなり、久しぶりに、津幡方面へドライブに行きました。
この日は、秋なのに、夏のような陽気!
河北潟の牧場の売店に立ち寄り、 ソフトクリームを買って食べました。
なんともいえない甘さです。
・・・・・・・・・
くりから駅の近く、竹橋というところは、昔の北国街道の道筋にあたるところで、かつては宿場として栄えたそうです。
この街道筋にある、こんなおそばの店へ。
IMGP3142a

中は、かなりにぎわっていました。
おろしそばを注文。


IMGP3134a

十割そばというもので、
久しぶりに、そばのうまさを堪能しました。

IMGP3120a

近くへお出かけの方には、おすすめです。


 

Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月19日

初冬の和倉温泉の旅

先日、妻と一緒に、能登半島の和倉温泉に出かけてきました。
まず、七尾市の能登食祭市場へ。ここで、おみやげなど、お買い物を少し。
IMGP0694a

近くの七尾マリンパークに、あの「長谷川等伯像」がありました。直木賞作家・安部龍太郎さんの「等伯」で一躍有名になったようです。
IMGP0702a



このあと、郊外の能登蘭の国へ足をのばしてみました。
IMGP0720a

IMGP0723a

このあと、能登島へ足をのばし、和倉温泉へ。
旅館で、ゆでたまごの券をもらい、歩いて、和倉の源泉に向かいました。
ここがその源泉。
IMGP0760a

源泉にたまごを入れて、およそ20分。

 IMGP0758a

旅館に帰って、食べてみたら、中味がとろりとした「温泉たまご」になっていました。
IMGP0783a

和倉の町をそぞろ歩き。全国的にも有名な旅館が見えました。
IMGP0769a

 こちらは、和倉温泉の総湯館。
IMGP0770a
 
のれんが風に揺れていました。
IMGP0774a
 
こちら、今宵の宿にもどってきました。
IMGP0779a
 
夕食は、ごらんのような豪華版!
お造りに、
IMGP0788a
 
カニに、
IMGP0789a
 
あわびの姿焼といったあんばい。
IMGP0791a
 
日本海の味を堪能する夕食でした。
アルコールも少々入って、あとは、ぐっすり。
目覚めて、部屋の窓から外をながめると、うっすらと明るさをとりもどした七尾湾と能登島の風景が広がっていました。
IMGP0792a
 
この旅をプレゼントしてくれた息子に感謝しながら、帰途に着きました。

 

Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月10日

チアシードの花

自宅の庭で栽培しているチアシード。
IMGP0630a


その花が咲きました。11月3日の撮影です。
 こんな花です。
IMGP2421a
 
チアシードの花は珍しいようで、ブログを見てもあまり見かけません。
しばらく、様子を観察してみます。
IMGP2419a
 

Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月14日

お休みのお知らせ

こちらのブログ、『今日もときめき浪漫』は、当分の間、お休みとさせていただきます。

当分の間は、『金沢発ときめき浪漫』ないしは『犀太郎の歴史浪漫』をごらんいただければ幸いです。

d0043136_23173166


Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月18日

県中央公園の夜景

先日、用事で香林坊に行った折、16日のことですが、香林坊の県中央公園に立ち寄ってみました。

ちょうどこの日、かねてから進められていた県中央公園の再整備工事が完成し、供用開始となっていたのです。

IMGP2942

IMGP2938


再整備工事は、今年の5月に始まり、園内の樹木22本を伐採し、13本を金沢市の北部公園に移植したそうです。

以前と比べ、すっきりした雰囲気になりました。

芝生の広場が透水性舗装の広場となり、集会や催事の際にも足元が汚れないようになっているようです。

IMGP2936


IMGP2934


金沢の中心部にある公園なので、県民が気軽に休める「憩いの場」であってほしいものですね。


Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月23日

畑のスイカ 収穫近し

今年は暑い夏のおかげで、畑のスイカの生育が順調です。

IMG_3667

IMG_3665

ナスやトマトも順調に生育しています。

IMG_3659

 それにしても暑い毎日!
熱中症対策が必要。
作業をちょっとして、すぐ日陰に逃げ込みます。

IMG_3655


IMG_3657


IMG_3668

 

Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月13日

秋の大聖寺を歩く

秋の大聖寺を歩く

先日(11月19日)、秋晴れの爽やかな一日、大聖寺の町を散策しました。
大聖寺は今は加賀市という町ですが、江戸時代は、加賀藩の支藩で、大聖寺藩10万石の城下町でした。

加賀市中央図書館の横にある「大聖寺ふれあい広場 古九谷の杜」からスタートです。ここは、これまでにも何度か足を運んだことのあるお気に入りの場所です。

IMGP0653

IMGP0652

IMGP0669

IMGP0675

春は桜がきれいですが、秋の風情も何とも言えません。

大聖寺の本町あたりを歩きました。
昔の面影を残す鐘楼がありました。
IMGP0705a


次に、旧大聖寺川に行ってみました。
舟に乗って、川の上から風景が楽しめるところです。
八間道船乗り場といいます。
IMGP0715

このあたりから、川のすぐそばを歩けるようになっています。

IMGP0723

ススキの穂が風に揺れて・・・

IMGP0742

IMGP0745

 旧大聖寺川の横に、水守神社という神社があります。
 IMGP0763

川に架かった橋は、弁天橋・・・。
IMGP0767

IMGP0784

昔は、このあたりも舟が行き来していたのかなと思いながら、川沿いの道を歩いてきました。
空には、うっすらと雲が流れ、時が流れるのも忘れさせてくれるような光景でした。

IMGP0753

大聖寺は、歩いていて、心が静まるいい町です。
また来てみたいと思わせるところです。
今度は、どこを歩こうかな?


Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月08日

「寺島蔵人の文書を読む」第4回

このところ、猛烈に寒く、強風の日が多いですね。
先日(12月7日)、 「寺島蔵人の文書を読む」という講座の第4回を聞きに、出かけて来ました。
県立美術館広坂別館の庭は、ごらんのとおり、うっすらと雪におおわれています。
IMGP1174

















IMGP1176

















講師は、おなじみ、長山直治さんです。
古文書の解読が始まる前に、余談があり、これに興味を惹かれました。
先日の新聞に、「兼六園の名付け親は、白河藩主・松平定信である」との定説をひっくり返す古文書が発見されたとの記事が出ていたことが話題になりました。
記事によると、金沢の渡邊金雄さん夫妻が定信の日記「花月日記」 を調べたところ、定信が「兼六とはどういう意味か、尋ねにやった」との記述があり、定信が名付けたものではないと結論付けたとのことです。
これについて、長山さんは「根気良く調べたたまものですね」と評価をされておられました。

古文書のほうは、寺島蔵人が役職を解かれ、逼塞を命じられた経緯を記した文書を解読してもらいました。
雪が降る寒い日だったのに、会場いっぱいの熱心な受講者・・・。正直、驚きました。



Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月25日

寺島蔵人邸ドウダンツツジの紅葉

先日、寺島蔵人邸に出かけてきました。

IMGP0824

庭園にあるドウダンツツジの紅葉が見ごろです。

 IMGP0831

IMGP0832

庭園にあるモミジも見事に色づいていました。

IMGP0829

IMGP0839

IMGP0841

私が訪れた日は、3連休の中日ということもあって、多くの観光客の方が 庭園を訪れていました。

IMGP0846




Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月01日

「寺島蔵人の文書を読む」第2回

「寺島蔵人の文書を読む」第2回

加賀藩士・寺島蔵人の文書を読む講座の第2回が県立美術館広坂別館であり、行って来ました。
講師は、前回に引き続き、長山直治さんです。
今回は、寺島蔵人の知行宛行状、寺島家家系図、郡方仕法批判についての覚書などを解読しながら、当時の政治状況を勉強しました。

文政2年、加賀藩は百姓風俗について触書を出しましたが、それは米を常食とするな、だんご、いり粉を食べよというものでした。
蔵人はこれを批判し、村井家の家臣・関九郎兵衛が建策した「八十万石増収策」 は「虚談」であると断じています。
家系図を見ると、蔵人が藩の要職につくことを煙たく思う重臣がいたことが伺われます。

d0043136_2305439
寺島蔵人邸の庭

d0043136_2312780
寺島蔵人邸のドウダンツツジ





Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月02日

「江戸勤番藩士の生活」

「江戸勤番藩士の生活」

5月31日(木)、「幕末加賀藩士の江戸勤番生活」という講座の第2回「江戸勤番藩士の生活」があったので、行ってきました。
講師は、『加賀藩御算用者猪山直之日記』でおなじみの石崎建治さんです。
江戸時代、江戸の藩邸ではどのくらいの費用がかかっていたのか。石崎建治さんによると、加賀藩では総予算10300貫のうち、江戸の経費が6000貫で、実に6割も江戸で使ってしまう状態だということです。他藩でも荘内藩では約8割にも達したという。
石崎さんは、いろいろな記録によると、江戸詰めの生活は苦しく、藩士にとって江戸勤番はありがたくなかったのではないかと話しておられました。

d0043136_2032995
加賀藩江戸上屋敷跡(現・東京大学本郷キャンパス)





Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月29日

「加賀藩江戸藩邸の概要」

「加賀藩江戸藩邸の概要」

北國新聞文化センターの講座 『続・加賀藩から石川県へ』が始まり、きょう(3月29日) は「加賀藩江戸藩邸の概要」を聴いてきました。
会場は、旧制四高の赤レンガ校舎で、今は石川四高記念文化交流館となっています。

講師は石崎建治さん(金沢学院大学文学部准教授)です。
「幕末加賀藩士の江戸勤番生活」 (3回シリーズ)の第1回で、加賀藩上屋敷の変遷、「御殿空間」、「詰人空間」の概要、発掘の成果から見る藩邸生活などについてのお話でした。

加賀藩の上屋敷は当初は江戸城に近い辰口邸でしたが、その後、火災にあい、筋違邸、本郷邸と変遷します。
安政3年(1856年)の記録では、
①本郷上屋敷 (10万3000坪)
②駒込中屋敷 (2万坪)
③板橋下屋敷 (21万7000坪)
④深川蔵屋敷 (2000坪)
があったそうです。


img279
加賀藩本郷邸(上屋敷)

21万坪を超える広大な板橋の下屋敷には、池や竹林、舟小屋、畑などがあり、藩主が息抜きの場所として使っていたようです。

img280
加賀藩板橋邸(下屋敷)

今は東大本郷キャンパスとなっている本郷邸の発掘調査では、さまざまな出土品が出ており、藩主や藩士の生活ぶりの一端がしのばれるということです。





Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月21日

寺島蔵人の文書を読む

寺島蔵人の文書を読む

きょう、「 寺島蔵人の文書を読む 」という勉強会が県立美術館別館であり、参加して来ました。
講師は、長山直治さん。『寺島蔵人と加賀藩政―化政天保期の百万石群像―』という著書もある人で、寺島蔵人研究の第一人者です。

img269

長山直治 『寺島蔵人と加賀藩政―化政天保期の百万石群像―』 (桂書房)

寺島蔵人については、昭和57年に若林喜三郎監修『島もの語り―寺島蔵人能登島流刑日記―』(北国出版社)が刊行され、さらに昭和60年には、 若林喜三郎監修『続 島もの語り―寺島蔵人流刑地能登島からの手紙―』(北国出版社)が刊行されています。

img270

若林喜三郎監修『島もの語り―寺島蔵人能登島流刑日記―』(北国出版社)

直山さんは、寺島蔵人が藩政批判をとがめられて、能登島に流刑となった時の「申し渡し書」と、能登島から金沢の家族に送った手紙などを解読しながら、お話をされました。
特に、妻のとしに宛てた手紙は、愛情あふれる内容で、ほろりとさせられました。

それにしても、いつもながら、古文書を解読するのはほんとに難しいなと痛感します。









Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月30日

「木曽義仲と北陸道の合戦」

「木曽義仲と北陸道の合戦」
雪の中、歩いて大乗寺坂へ。ここは、その昔、曹洞宗の大乗寺があったので、その名がついたといわれます。
IMGP0949

大乗寺坂の途中で、振り返ると、金沢の街が下に広がっています。景観は生育した木立ちのために少しさえぎられていますが、昔なら、きっと素晴らしい眺めだったと思われます。
IMGP0955

坂を上がりきると、石川県本多の森庁舎。以前、石川厚生年金会館だったところ。
IMGP0958

県民大学校記念講演で、金沢学院大学教授の東四柳史明さんの「木曽義仲と北陸道の合戦」というお話を聴きました。
『吾妻鏡』や公家日記をもとに、義仲の上洛作戦をたどる内容でしたが、義仲は上洛途上の戦いがあまりにもうまく進んだために、「原点」を見失ったのではないか、という見方が印象に残りました。




Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月22日

「江戸時代のお金の話」

「江戸時代のお金の話」

1月21日(土)、「江戸時代のお金の話」という講演会があったので、行って来ました。場所は、金沢・広坂の四高記念交流館。
講師は、金沢市の観光ボランティアガイド「まいどさん」の武野一雄さん 。あの難関の第1回金沢検定上級に合格した方です。
お話は、江戸時代の1両は今の貨幣価値でいくらなのか、ということを中心にお話をして頂きました。
ところで、慶長小判は金が85%もあったのに、元禄小判は金が56%になりました。これは慶長小判2枚をつぶして、元禄小判3枚をつくったためで、幕府は大もうけしたそうです。
こちら、慶長小判。
320px-Keicho-koban
こちらは、元禄小判。
320px-Genroku-koban


江戸時代のお金は、金、銀、銭の「三貨制」で、公定では、1両=銀60匁=4000文(4貫文)ですが、変動相場でした。 今から200年前ぐらいの1両は、約10万円だそうです。 かけ蕎麦1杯の値段が16文。現代、駅の立ち食いそばの値段は250円前後が多いそうで、これで計算すると、約10万円になるようです。 「1両は10万円」と覚えておけば、分かりやすいですね。

Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月08日

加越国境の城郭群を行く

   加越国境の城郭群を行く

石川と富山の県境に近い松根城跡と切山城跡の研修バスに参加して来ました。

天正12年(1584年)、羽柴秀吉と織田信雄・徳川家康が天下統一をめぐってぶつかった「小牧・長久手の戦い」が勃発しました。
北陸では、それに連動して、秀吉方の前田利家と家康方の佐々成政が加賀越中国境付近で対峙する形となり、双方が多くの山城を築いてにらみ合ったのです。
加賀・越中国境付近にある多くの山城には、こうした背景があったのですね。

JR金沢駅西口をバスで出発した一行は、山の方に向かい、まず切山城跡に到着しました。
現場では、金沢市埋蔵文化財センターの職員の方に説明をして頂きました。
IMGP0595

切山城は、加賀から越中に向かう小原越(おはらごえ)という街道沿いにあり、前田利家軍が拠点としていました。
標高は139メートル、城の南北は250メートル、東西200メートルです。
切山城の主郭と見られる場所です。
IMGP0593

現場では、きょうから発掘調査が始まっていました。
現場の遺構は、16世紀後半と見られていますが、これを裏付けるようなものが出土しないか、注目されています。

IMGP0582

切山城跡の遺構測量図です。
img208a


次いで、松根城跡に向かいました。昭和49年3月に、金沢市史跡に指定されています。
こちらは、佐々成政側の拠点です。
標高は308メートル、城の東西は140メートル、南北は440メートルです。
IMGP0619

本丸からの眺望は素晴らしく、富山県の小矢部市などが眺められます。
IMGP0634

一方、石川県側を見れば、内灘町や河北潟、金沢の県庁なども見えます。
IMGP0620

松根城跡の遺構測量図です。
img204a
加賀・越中の国境にはこのほか、二俣越という街道に高峠城跡(前田方)と荒山城跡(佐々方)、田近越という街道に朝日山城跡(前田方)と一乗寺城跡(佐々方)などがあり、にらみ合っていましたが、天正13年8月、羽柴秀吉が越中に出陣し、佐々成政が降伏して、決着しました。このあと、越中の西半分が前田利家の長男・利長に与えられたことで、加賀越中国境の緊張状態は解消され、城郭群は不要になったのだそうです。

ところで、今回の発掘調査は、切山城跡、松根城跡、小原越を含む「加越国境城郭群」を国の史跡にしようという動きの一環だそうです。
そういうことも考え合わせ、今回の発掘調査の結果が期待されますね。





Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月30日

世阿弥の「風姿花伝」

世阿弥の「風姿花伝」について

「世阿弥の『風姿花伝』を読む」という講座を聴いて来ました。金沢能楽美術館館長の藤島秀隆さんのお話です。きょうは第2回で、藤島さんは、花伝の第六あたりについてお話をされました。

世阿弥は能の本を書くことについての心構えなどを語っています。
「良い能というのは、素材の典拠がはっきりしたもので、曲がらに珍しさがあり、眼目となる急所も備え、全体のおもむきが優雅なものを最上とすべきである。……」
噛んで含めるような言い回しで、多くの示唆に富んだものでした。

rekishi_hito03

織田信長が自ら好んで舞ったという幸若舞「敦盛」の一節。

   人間五十年、化天(けてん)の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。
   一度生を受け、滅せぬ物のあるべきか。



 

Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月23日

当分の間、お休みします

15年間、病気療養中だった母がつい先日、永眠しました。
95歳だったので、人生を精一杯生きたといえるのでしょう。けれども何だか脱力感から抜けきれないでいます。
誠に勝手ながら、当分の間、このブログもお休みさせていただきます。
よろしくお願いします。


2010年11月02日

映画「桜田門外ノ変」を観る

先日、ユナイテッド・シネマで、「桜田門外ノ変」を観て来ました。
100701_smg_sub1

この映画、桜田門周辺を再現するため、水戸市に東京ドームと同じ面積のオープンロケセットを作ったそうです。その費用、2億5000万円とか。
映画は、吉村昭の小説「桜田門外の変」が原作。
今から150年前、時の大老・井伊直弼が水戸藩脱藩浪士らに襲撃され、暗殺された「桜田門外の変」を関鉄之介という人物を中心に描いています。
100701_smg_sub4

特に井伊大老襲撃のシーンは圧巻で、息もできない迫力を感じる場面の連続です。
時代物の好きな方には、一見の価値がありますよ。 

 
映画「桜田門外ノ変」を紹介する Cinemacafe.net はこちら。
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22755/# 

Comments(0)TrackBack(0)

2010年10月31日

「加賀騒動」の講演会

10月30日(土)、「加賀騒動」の講演会が泉野図書館でありました。
 IMG_3235


講師は、去年6月、加賀騒動を題材に「真如院の怨霊」という小説を出版した正見巌さんです。
IMG_3238

加賀騒動は、大槻朝元、真如院らの新興勢力と前田土佐守直躬、善良院、青地礼幹らの旧勢力の戦いであったという解説で、興味深いものでした。

IMG_3239

海音寺潮五郎の「列藩騒動録」 や若林喜三郎の「加賀騒動」が土佐守の謀略だったという立場をとっているそうです。
最近、加賀騒動を描いたものといえば、諸田玲子の「炎天の雪」があり、この時代は作家の想像力をかきたてるようですね。
 

Comments(0)TrackBack(0)